お問い合わせ:0120-47-5940

葬儀のはてな

香典

お葬儀の際、お香典は様々なきまりがあります。

お香典袋の書き方、金額、渡し方

意外と知らないことも多いと思います。
お葬儀の際に必要なお香典の事をまとめてみました。

そもそもお香典とは?

お香典とはお線香やお花の代わりに故人様の霊前に供えるもので、現金を入れる不祝儀用ののし袋は香典袋とも呼ばれます。

香典袋(不祝儀袋)の書き方とポイント

お香典袋(不祝儀袋)は表書き(外袋もしくは外包み)の上段に表書き、下段に名前、内袋に住所を書きます。
書き方は宗教や宗派によって、入れる金額は自分との関係性(遺族側・友人・勤務先の同僚や上司もしくは部下取引先の関係者等)によって異なります。
書く際は毛筆または筆ペンを使って薄墨で書くことが基本です。薄墨は故人様に対しての悲しみを表すと言われています。

お香典袋の表書きの種類と宗派によっての違い

表書きの種類は実に沢山あり「ご霊前」、「ご香料」、「お香典」、「御悔」、「御榊料」、「玉串料」、「御花代」がありますが、宗派がわからない場合にどんな宗派でも使える表書きは「ご霊前」です。
「ご霊前」は通夜でも葬儀でも使えます。蓮の花がついているものは仏教にしか使用できませんので、のし袋の種類にも注意が必要です。

一般的なお香典の金額

単位:円
故人との関係 20代 30代 40代 50代 60代以上
祖父母 1~2万 2~3万 2~3万 3~5万 3~5万
5万 5~10万 5~10万 5~10万 10万
兄弟・姉妹 3~5万 3~5万 3~5万 3~5万 5~10万
おじ・おば 5千~1万 1~2万 1~2万 2~3万 2~3万
いとこ等 5千~1万 5千~1万 1~2万 1~2万 1~2万
勤務先上司・部下 5千 5千 5千 5千 5千
勤務先の社員の家族 5千 5千 5千 5千 5千
取引先関係 5千 5千~1万 5千~1万 5千~1万 1万
友人・その家族 5千 5千 5千~1万 5千~1万 5千~1万
隣人・近所 3~5千 5千 5千 5千~1万 5千~1万
その他のお付き合い 3~5千 5千 5千 5千 5千~1万

お香典の渡し方

お香典を渡す際には相手の方から見て名前が読めるように向きを変えて挨拶の言葉を添えて両手で渡します。
「この度はご愁傷様です」または「突然のことでお悔やみ申し上げます」など、この時、はっきりと言わず、小声で濁して言うと良いです。故人様のご冥福を心から祈り、ご遺族をいたわる気持ちが大切です。

焼香

葬儀に参列するとお焼香をすることもあるかと思います。
前の参列の方を見て行うことが多いと思いますが、少し知っておくと安心です。

焼香とは

お焼香とは亡くなられた方や仏様に敬意を払い拝むことです。
お焼香には3つのパターンがあります。

立礼焼香

葬儀会場では立礼の場合が多いため<立礼焼香>が多いです。
椅子席のある会場では順番に席を立ち焼香台の前で止まり、ご焼香 → 僧侶に一礼 → 敬意を払い故人様に合掌、また一礼をします、続いて焼香台でお焼香 → 再び合掌をしてもう一度ご遺族に一礼して席に戻ります。

座礼焼香

<座礼焼香>の場合も基本は一緒ですがまっすぐ立ち上がるのではなく移動は低く腰を落としお焼香は正座をして行います。 この時の移動のことを「膝行(しっこう)膝退(しったい)」と言います。 親指だけ立て、その他の指は握り、両腕を身体の両脇よりも少し前に置き、体を持ち上げるようにしながら膝を前に出して移動をしていきます。

回し焼香

<回し焼香>の場合は、座ったまま動きません。お焼香炉(お焼香をする箱)を順番に渡しながら行うので、隣の方からお焼香炉が回ってきたら軽く会釈をして受け取り、自分の前で立礼と同じくお焼香を行い、終わったら隣の方に回します。

お焼香ではなく、お線香の場合

ちなみにお焼香ではなくお線香をつける場合、線香を右手で持ち、ろうそくの炎に近づけ線香に火をつけます。 炎が出たら左手であおぐか、軽く振って消します。この時、息で吹き消すのは厳禁です。 香炉に立てる時、複数のお線香に火をつけた場合、1本ずつ立て、その後合掌します。

宗派によるお焼香・お線香の違い

宗派 線香の本数 焼香回数
臨済宗 1本 抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
1回
曹洞宗 1本 抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
1回
2回目はそのまま香炉へ
真言宗 バラバラに離して3本 抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
3回
日蓮宗 1本 抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
1回、または、3回
浄土宗 1本を2つに折って 抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
3回
日蓮正宗 1本 抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
1回、または、3回
浄土真宗大谷派 2本を2つに折る
火はつけない
抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
2回
浄土真宗本願寺派 2本を2つに折る
火はつけない
抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
1回
天台宗 3本 抹香をつまんで額の高さにまでかかげ香炉に
1回

服装

お葬儀に参列するということは大切な方の別れの場、大切な方への感謝など色々な気持ちがあると思います。 最後の儀式での心遣いとして喪服を着用することが通例となっております。

正式喪服

男性

和装なら、黒紋付羽織袴。
洋装なら、モーニングコート。

女性

和装なら、黒無地着物。
洋装なら、黒を基調としたアフタヌーンドレスやワンピース・アンサンブルなど。
ヘアメイクもシンプルにします。

最近では洋服での参列が多くなっておりますので、少し洋服についてお話しますと

男性

黒のフォーマルスーツで白のワイシャツ、ネクタイは黒の無地にタイピンはつけません。ベルト、靴下、靴などの小物も黒にします。

女性

黒のワンピースかスーツで肌はなるべく露出しない服にします。 服やバッグは黒い光沢のないものにします。ストッキングも黒のストッキングで肌色は厳禁です。 アクセサリーは真珠の一連のネックレス、二連のネックレスは厳禁です。

  • お通夜
    急なお通夜の場合には派手な服装を避けた地味な平服でも大丈夫です。
  • 革や皮のコートは色が黒であっても「殺生」をイメージさせるため身につけない方が良いとされています。

子供の服装

幼児・小学・中学・高校での制服があれば、制服が無難です。
ない場合は白のブラウスかシャツに紺のセーター、紺のズボンorスカート、白の靴下がベストですが、シンプルな洋服であれば大丈夫です。

ちなみに和装と洋装に上下の格差はありませんので安心してください。

服装だけでなく、携帯電話をマナーモードにするなど葬儀の雰囲気を台無しにすることがないよう気をつけること。
マナーも大切です。

お問い合わせ

ご相談は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

通話料無料
24時間365日お電話承ります。携帯もOK
お問い合わせ:0120-47-5940 お問い合わせ:0120-47-5940
お問い合わせ:0463-74-5144 お問い合わせ:0463-74-5144
お問い合わせ

ページの先頭へ